読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片付けのかの字も知らなかった人の片付け術

うまくいった。
好きな曲を聴いている間に
洗濯物をたたみきれるかゲーム。

今日は「閃光少女」by 東京事変でした。
人生のテーマソング。
今ここに生きていることを実感する曲。

ゲームは惨敗でした。
1曲中に終わらせるなんて全然無理。
でも歌いながら何度も聴いたら楽しくて
あっという間にたたんでしまえた。
できたよ、あたいできた!

こういう事を世のお母さんは毎日、しかも家族分、
黙々とやられていると思うと、すごいなって思います。

そう、クローゼットを断捨離したくなった話。

いつだったか、こんまり先生のときめく片付け術を読み、
新しい概念に出会いました。

それが「ものの居場所を決める」。

??
当たり前じゃない?と思った方。
ですよね。
でも、私、これ知らなかったんです。

使ったものは元に戻すのは、知っていましたよ。
やんないと怒られたし。
でも、「居場所」って、意識したことがなかった。
なんとなく置く場所を決めて、なんとなくしまっていました。

そりゃ、どこに置いたかわかんなくなるわけだ。

今の家に越してきた時、断捨離はしたけど、
ものの居場所、ちょっとは意識したかなぁ。
あんまり覚えてません。
つまりは、できてないってこと。

クローゼットの断捨離にあたり、
こんまり先生の概念を思い出し、
まず、ものの居場所を確実に決める必要があるなって思ったんです。

でも、これ苦手なやつだ。

苦手だけどうまくなりたい。
独学でやるほど根気と時間はない。


では、プロに頼んで教えてもらおう、と
片付けサービスについて調べました。

選んだのはこちら。

okataduke.me


整理収納アドバイザーが家にやってきて、
片付けを一緒にやる。そして傾向と対策を分析してくれます。

ここに決めたのは
「片付かないのには理由がある」との言葉。

理由がわかって、やりやすい方法を教えてもらえれば、
片付けレベルが超パワーアップするなーと。

しかも初回限定のお試しプランがある。
2.5時間で12000円。

決して安くはないです。
でもちゃんと片付けできるようになりたい。
片付いた快適な家が持続できて心も軽くなるなら安いもんだと、
ウェブで申し込みました。

インブルームから来たのは、Sさんという女性の方でした。
このSさんがねー、ほんっと素晴らしく、
結局2回来ていただきましたが、その話はまた今度。