読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1122

先日、ホームパーティーに行った。
ホームパーティーって実在するんですね。

なかなか手に入らない、極上の日本酒が振る舞われた。
日本酒好きの方が持参した、秋田の「雪の茅舎」。生酒。
生酒は瓶の中で酵母がまだ生きていて、発酵が進んでいる。
「うんめっ」って、つい口に出た。

雪の茅舎 製品のご案内 雪の茅舎シリーズ


その方は日本酒が好きすぎて、
全国の酒蔵を巡り本当に美味しい日本酒の卸をやっているそうだ。

日本酒って原価率がお酒の中で一番高いんですって。
だからもっと世界に広まるべきだし、
残していきたいと、キラキラした瞳で語っていて、かっこよかった。

一升瓶はあっという間に空になり、
こんなに日本酒が人気だとはと、喜んでいた。
で、その方。
嫁に電話をし、追加で1本持ってくるようにお願いした。


みんなが待ちわびる中、嫁、登場。
一升瓶をコートのポケットに突っ込んで。

生身だよ。
ポケットに一升瓶て。会場が笑いに包まれた。

一番笑っていたのは旦那さんだった。
デレデレしながら、そんな嫁をみんなに自慢していた。
日本酒を語っていた時以上に、その方はかっこよかったし、
奥様も素敵だった。

素晴らしいパートナーによって、
その人の魅力が2倍にも3倍にもなるのですね。

雪の茅舎。また飲みたいな。
最近、気になっているのは醸し人九平次(愛知)です。

kuheiji.co.jp