読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊かであること

TSUTAYAに漫画を返しに歩いていたらふと浮かんだ。

私がこの1年半コーチングを受けてよかったこと。

それは今の自分の現在地を知る事ができたこと。

いつもここから、みたいだ。この前、久々に飛び石連休という名前を口にした。

話を戻すと。

以前は嬉しい事も悲しい事も、それが起きるとその感情が私を包み込んで

私はその渦中。火の元。それ以外の感情の入る余地なし。

支配されている感じだった。少し大袈裟に言うと。

でも今は、「あ、すっごい嬉しくてたまらないんだ。」とか

「むかついてるー」とか「緊張してるな私」とか、

少し冷静に自分の気持ちを感じる事ができるようになった。

ドラマ「黒い十人の女」でトリンドルの心の声が聞こえるように、

自分の声が聞こえるようになった。

緊張してる時のしぐさもわかったりして、

じゃあどうやったらこの緊張を和らげる事ができるかなって考えたり、

むかついてるけどどうしたら落ち着くかなと、

もう一人の自分と会話して対策を練るようになった。

自分の現在地を知って、これからの行動を選択する事ができる。

今までは選択肢もなにも、その感情のままに猪突猛進してたから

あとで後悔したり、どっぷり浸かりすぎていい判断ができなかったと思う事があった。

私って「事」が多いな。まぁ、続けます。

この選択肢があるという事は豊かであることなんじゃないか。

そもそも選択肢、ではなく、私たちはなにを選んでもいいという

自由が与えられている。豊かとは自由である事。

子どもは自由だ。選択肢すらない。

いつの間にか私たちは勝手にこうでなければならない、という思い込みを

いくつも抱えている。果たして本当にそうか?

私はコーチングによって、いかなる未来も選べるようになった。

大袈裟に言うと。

私のコーチ自身も豊かな人なんです。見本がいるとさらに自由になる。

豊か=自由>選択肢が沢山ある

これはオウガにも通づる事。

オウガのライブは自由に楽しむ事ができる。

手をあげても、みんなでわーってなっても、夢中で踊っても、

一人でしっぽり聞いても、その日の気分で選択する事ができる。

だからオウガも豊かだなと感じて、またオウガが好きな理由がわかった。